From Sapporo -道産子のブログ-

2016年02月

私は、情報セキュリティマネジメント試験の
ブログタイトルにも記した通り、
資格試験に関しては、,試験当日か
合格発表後にブログに記すことが多い。

ただ、たまには例外を設けてみようと思う。
私が興味のある検定は幾つかあるが、
以下の試験だけは、受験予定であることを
記しておきたい。

その試験とは、
おたる案内人
北海道観光マスター検定試験
また、
ほっかいどう学ネット検定(自然環境編) 3級~5級
再受験の予定である。
受験費用に余裕があれば、
北海道フードマイスター検定も受験したいが、
更新制度があるので、正直迷っているところである。

もし、このブログ読者の中で、
おたる案内人
北海道観光マスター検定試験
及び北海道フードマイスター検定
を受験された方がいらしたら、どのような対策をされたのかお聞きしたい
とも思っている。
続きを読む

本日からいよいよ、
北海道新幹線
切符が発売される。
多分、一番列車は即完売となることであろう。

ただ、札幌から新函館北斗駅を経由して、
東京まで出る場合、
現在の、スーパー白鳥号や、
急行はまなす号を利用した場合よりは
料金が高くつくが、
寝台特急北斗星号や
身体特急カシオペア号を
利用した時よりは安くなる模様である。

鉄道マニアの大半は、北海道新幹線の料金が高いという印象を持ったようだ。
確かに、新幹線単独だと、思ったよりも値上がりしている。
しかし、私のように乗継割引を利用しようとすると、
今述べたように、寝台特急利用よりも料金が安くなったので、
その点だけは、良しとしなければならないような気がする。
続きを読む

昨日、おおざっぱではあるが、
ダイヤ改正時刻が掲載された時刻表を見てきた。

その時刻表を見ると、
思いも寄らない路線で特急列車の時刻が変更されていた。
その路線とは、石北本線
宗谷本線の特急時刻である。

また、北海道新幹線の開通によって第3セクター化される
道南いさりび鉄道
時刻は掲載されていなかったものの、
この観光列車が気になっている。
PDF等を見れば時刻はわかるのだが、
観光列車の時刻だけが明かされていないのである。

これで今年の旅行計画は、ほぼ決まってしまった。
ちなみに、今年は、
旅行関連の資格取得も視野に入れている。
続きを読む

2月20日に北海道新幹線の時刻が掲載された時刻表が発売された、
私は、新幹線を乗り回してみたい(笑)という野望があり、
取り敢えず、3月号の時刻表は見ておくつもりである。
しかしながら、普通列車等の新しい時刻が掲載されるのは、
4月号の時刻表である。

その一方で寝台特急カシオペア号や
急行はまなす号などが廃止される。
寝台特急カシオペア号には乗車できなかったが、
札幌発着の寝台特急や夜行急行には、結構乗車したような感覚がある。
強いて言えば、昼行特急の
スーパー白鳥号
または白鳥号
の方の乗車回数が圧倒的に少ないので、
もし3月21日までに機会があれば、
こちらの方に乗車したいと考えている。

ところで鉄道マニアからは、今回のダイヤ改正に当たり、
不満の声が出ている模様。
道内の夜行列車が廃止されるため、
鉄道から新函館北斗駅始発の新幹線に乗車できないからというものである。
私だったら、敢えて一番列車の利用は避ける。
北海道新幹線開業により唯一残った寝台特急に
低料金で乗車するという手もあるからである。 続きを読む

先週からインフルエンザが流行っている。
私は、臨時講師を行う傍ら、
セミナーにも出席しているのだが、
今年は、その講師がインフルエンザに罹った模様である。
昨年は、私の母がインフルエンザB型と診断されて
苦しんでいただけに、
インフルエンザにかかってしまうと
周囲からはすごく辛そうに見えてしまう。
しかも、人によっては、予防接種をしたにも関わらず、
インフルエンザにかかってしまう人もいるらしい。

私は、風邪対策として、
1.手洗いとうがいは、出来る限り忘れずに行うようにしている。
2.中々外に出られないことを考慮して、
ラジオ体操だけは、毎日行うように心がけている。
3.しょうが湯(くず湯ヴァージョン)やココアを飲んでいる。
(私の場合、くず湯ヴァージョンの方が効き目がある)
ということを実践している。

ちなみに、北海道ではインフルエンザ警報発令中。
手洗い・うがいと予防接種及びマスクをすること以外に、
インフルエンザの予防対策としてどんな手段が有効なのだろうか………。

2016年2月1日から2月7日まで開催されていた
北方領土ネット検定2016
以前、1度受験したことがあるが、
その時は、初級編と中級編を受験して中級編に落ちていた。
また、今年は、札幌シティガイド検定の上級編と
巷ではささやかれている北海道観光マスター検定試験
受験予定であることから、思い切って
初級編から上級編まで受験してみることにした。
(初級編は一度合格はしているものの、復習方々受けてみた)

さて、その結果は、
北方領土ネット検定2016初級編合格 92点
合格率65.3%
北方領土ネット検定2016中級編合格 80点
合格率76.6%
北方領土ネット検定2016上級編合格 92点
合格率81.8%
すなわち、全ての試験に合格であった。
今回のネット検定の特徴は、級が上がるに連れて、
合格率が高くなっているところにある。
この検定は、自宅で調べて受験することが可能なのだが、
さすがに上級編は難しかった。
そのため、私はわざわざ2日間に分けて取り組んでみた。

ただ、結果をみると中級編より上級編の方が点数が良かった。
また、今回は合格率が高かったが、中級編は甘く見ると、
不合格になってしまう確率が高い。
(80点以上の合格で80点ということがそれを証明している。)
今回、中級編に合格したのは、
合格基準点が80点に下がった恩恵だと思っている。
これで一応、初級編から上級編の合格証が手に入ったので、
将来的には、北方領土ネット検定
受験する確率は低くなるものと思われる。

時が経つのは早いもので、
豊浜トンネル岩盤崩落事故
が起きてから20年が過ぎた。
運行管理者試験の基礎講習の担当講師によると、
この事故は、道路が原因で起きた事故、という分析らしい。

つまり、道路工事の際に、トンネルを建設する。
そのトンネルに瑕疵があった。
また、事故の前兆がみられたのに、対処をしなかった。
その結果、岩盤崩落事故が起き、
大型バスと乗用車1台を含めて、20人の犠牲者を出した。

1996年2月10日8時10分に起きたこの事故を
決して風化させてはならないと思う。
いつの日か、私はこの事故について、
もう少し詳しい話を聞いてみたいと思っている。
ただ、事故が起きた場所を通るということだけは、
なかなかおっかなくて出来ていない。

1日遅れてしまったが、
STVラジオで2月7日に放送された
ほっかいどう百年物語から、
紋別流氷観光船ガリンコ号の感想。

何事も始めは反対されるものである。
しかし、何かを始めようとする人は、
どんなに門前払いをくらっても、
しつこく熱心にアピール活動をして、
結果的に相手を根負けさせる。
その勢いを私も見習いたい。

著作権等の関係で詳細は省略するが、
私は、流氷観光船の一番最初はてっきり、
網走流氷観光船オーロラ号
かと思っていたので、
先走って誰かに間違いを伝えなくて良かったとも思う。

本日は昨日の続きを。
本日から開幕する冬のお祭りに
旭川冬まつりがある。

既に2016年1月29日から開催されている
千歳・支笏湖氷濤まつり
共に私が関心がある冬祭りである。

私が聞いたところによると、かつては
旭川冬まつりの観光客は、
2016年1月23日から開催中の
層雲峡氷瀑まつり>
並行して見学していたらしい。
それがこのところ、旭川だけにする観光客が増えたとか。

ちなみに、この旭川冬まつり
北海道の某放送局では、ほとんどタッチをせず、
せいぜい紹介だけに留まっている。
ただ、行事予定を見てビックリ。
開会式を見学予定の方は、
大騒ぎになると思われる。

本日から、札幌雪まつりが開幕した。
今年は、東区の会場だけ、1週間延長するらしい。
この札幌雪まつりに関しては、
ここ数年絵葉書を購入するだけで済ませている。
2月は何かと忙しい日々を過ごしているので、
今年も同様のことをする確率が高い。

また、小樽市でも本日から
小樽雪あかりの路が開幕。
実は、このイベント名、
おたる案内人という
ご当地検定でもたびたび問われている。
私は、5年前に見学に行ったことがある。
ちなみに、このイベントではガラスの浮き玉を運河に浮かべるという
ことも行われるのだが、私は写真の撮影がうまくいかなかった
苦い思い出がある。

北海道内には冬のイベントが多く、1日では書ききれないので、
2016年2月6日に続きを記す予定である。

本日は節分。
大豆派の人からしたら、邪道かもしれないが、
私は例によって例のごとく、
落花生を撒く予定である。
まあ、殻付きのまま撒くので、
たとえ、雪の中に撒いたとしても、汚くはない。

ちなみに、札幌市内のスーパーでは、
大豆は申し訳程度にしか販売されていない。
その代わり落花生は、大量に販売されている。
この落花生を撒くという習慣、
どうやら北海道から始まったらしい。

ところで、ここ数年関西方面の習慣だった
恵方巻を食べるということが
全国に浸透してきている。
全国区になるのはある意味では良いことだが、
このことによって、地方の文化が廃れてしまうのではないか
とも思っている。

このページのトップヘ