From Sapporo -道産子のブログ-

2016年12月

当ブログをお読みの皆様、
2016年も当ブログにアクセスしていただきまて、ありがとうございました。
(期待に反して、コメントやトラックバックが少なかったのはやや残念ではありましたが、
日によっては、アクセス数だけが300名を超えた日もありますので、何とも言えない心境です)

何度か述べているが12月31日には、母方の祖母の祥月命日である。
2015年の12月31日に、偶然にも友人の祖父が故人となられたようで、
似たような境遇を感じずにはいられなかった。
12月31日にこのようなことが起きた場合、
翌年の年賀状をどうすべきか非常に迷うのではないだろうか。
今回はそんなことを感じている。

では、皆様 良いお年をお迎えください。

2016年のスポーツ界も色々なことがあった。
ただ、スポーツ界では、哀しいかな、故人となられた方々が
例年にも増して多かったように思う。

まずは何と言っても道産子の誇りであった九重親方(元千代の富士関)
2016年11月の北の湖理事長に次ぐ角界を背負った方の訃報で、
大相撲ファンとしてはショックを受ける出来事であった。

そしてもう一人ラグビー界を背負った平尾誠二さんである。
ドラマ『スクール・ウォーズ』のモデルになった一人であり、
時々テレビで解説していたことを思い出す。

また、今年はスポーツ選手の不祥事も結構耳にしたような気がする。
特にオリンピック関連の不祥事が多かったように思う。
ロシアは組織ぐるみの問題で。
日本は、某球団に続くとんでもない不祥事で。
マスコミではロシアの方が多く取り上げられていたため、
ほとんどの日本人は、日本のオリンピック出場予定選手が、
不祥事を起こしたことを忘れている(あるいは一切知らない?)のではないだろうか。
ちなみに私は、このような不祥事があったからか、競技のことはほとんど覚えていない。

2016年は、日本とアメリカにとって画期的な年になったと思われる。
5月27日にはアメリカのバラク・オバマ大統領が広島を訪問し、
その約7ヶ月後の12月28日には、日本の安倍晋三首相がハワイの真珠湾を訪問して、黙祷を捧げた。

私は偶然にも2回ともテレビで見ることができ、
私も約1分かの黙祷を行った。

少し気になるのは、日本国民の中で何人の方々が
朝早く起きて黙祷捧げたのであろうか、ということである。

2016年は、自然災害があまりにも多かったような気がする。
大地震が3件(熊本県、北海道函館市、鳥取県)。
熊本県には、二度も大地震が襲ってきた。
そのために、土砂崩れが起きて犠牲になった方々もいらっしゃった。

台風が2軒(主に北海道と岩手県)。
北海道の場合、台風が上陸するとしても太平洋側の方が多かったので、
まさか北海道のへそと言われる場所を中心に大きな被害をもたらすとは思わなかった。
この地震と台風が起きた一部の地域では、未だに一部の交通機関が寸断されている。

最後は新潟県ほどいかないものの豪雪である。
12月10日には、この豪雪によって札幌市の公共交通機関は乱れに乱れ、
それが翌日まで続いた。
2017年は少しでも自然災害が減少して欲しいものである。

Merry Christmas!

私は、札幌生まれの札幌育ちなので、
White Christmasの方が雰囲気があって良いと思っている。

しかし今年のクリスマスイブは、
96cmものドカ雪。
いくらなんでも、これはちょっと………。

2016年は閏年だからか、12月21日が冬至らしい。
我が家では、冬至の日は決まってカボチャのお汁粉が定番である。
但し、朝食から夕食まで3食のうち、昼食と夕食のどちらで出されるかは、
毎年冬至の日にならないと分からない。

お餅の代わりにカボチャが入っていて、お汁粉として食べるので、身体はすごく温まる。

なお、北海道でもこのところ「ぜんざい」という言葉が使用されるようになってきたが、
私が子どもの頃は「ぜんざい」って何?というくらいの存在であった。
そのため、小豆餡にお餅を入れたのは、すべて「お汁粉」で通していた。

2016年は、12月19日の結果発表を持って、2016年の試験日程を終了した。
ただ、私が自己採点で分かっていた通り、2016年11月6日に受験した試験は、不合格であった。
11月の試験は郵送で申し込んだので、試験結果(%表示)は早くても12月21日にならないと届かないが、
それを見た上で戦略を練り直したいと思う。

というのは、今回不合格だった試験が
知的財産管理技能検定2級試験
(学科試験と実技試験の両方)であり、
過去問等の試験問題を見ると、簡単そうに見えるのだが、
実際に解いてみると、思いもよらない設問で間違えていたりしたからである。
明らかに読解力不足である………。
しかも合格基準が半端なく高い。

なお、2017年の試験については、以前も述べたが、
2016年に不合格だった試験と、2016年までに日程の都合上
受験することができなかった試験を中心に進めていく予定である。

大河ドラマ『真田丸』の感想。
今回の大河ドラマほど、評判になった大河ドラマもあまり無いような気がする。
しばらく大河ドラマの平均視聴率が低下していたことと、
かつて水曜時代劇で放送した『真田太平記』
の二番煎じにならないのかという心配があったが、それが杞憂に終わって良かった。
中には、BSの先行放送に始まって、NHK総合テレビの本放送、更に土曜日の再放送と
3度見なければ気が済まないという人が現れたのだから、
2016年の大河ドラマ『真田丸』は成功に終わったと
言っていいと思う。
ちなみに私は、試験等で全話を日曜日の午後8時に見ることはしなかったが、
その場合は、よほどのことが無い限り再放送を見るようにしていた。
というのは、話の内容だけでなく、真田家の策士ぶりや
ドラマのナレーションも良かったと感じているからである。


私は上述したように、都合上、観ることができない日はあるものの、
2017年の大河ドラマも楽しみである。
さて、その主人公については、私は歴史が好きなこともあり、
何をした人なのかは知らなかったが、何故か人名だけは聞き覚えがあった。
2016年の大河ドラマがあまりにも人気が集中し、視聴率がほぼ上昇傾向にあったことなどから、
2017年の大河ドラマを演じる方々は、相当プレッシャーがかかるものと思われる。

2016年12月17日、私がかつてお世話になった
『NPO法人札幌チャレンジド』が主催する
クリスマスパーティーに参加してきた。
毎年11月に案内が入るが、例年12月の第1土曜日か第3土曜日に開催されている。

昼食を兼ねてなので、それなりに盛り上がった。

さて、今回登場した曲は覚えているだけで以下の通り.
きよしこの夜(ハンドベル)

コーラスグループドロップス
ドロップスのうた
赤鼻のトナカイ
翼をください
虹と雪のバラード
サンタが町にやってきた

バイオリンソロ
Happy christmas
Laswhen christmas
When You Wish upon a Star
ユーモレスク
G線上のアリア
カブリース

カッパーズと名付けられた楽団
赤鼻のトナカイ
500マイル 日本語バージョン
imgine 日本語バージョン
(まさかの)にんげんっていいな(笑)
きよしこの夜

ハンドベル
ジングルベル

昼食を兼ねて無料でコンサートを聞いたようなものなので、
最高の時を過ごしたような気がする。

平成28年11月23日に受験した、
北海道観光マスター試験に合格した。

大抵は、自宅で受験番号の有無を確認することが多いが、
本日は別件で外出することがあったため、そのついでとばかりに
掲示板を見に行った。その結果、合格を確認した。

北海道観光マスター試験のHPを見ていただと
お分かりのように、合格率は半分を超している。
しかし、この試験には複数の小問が合っていないと、得点できない設問が含まれているため、
決してやさしい試験ではない。
設問は50問あり、各2点配点で、私はまさかの92点を取得していたが、
この試験は、完全解答の部分を得点できるかできないかがカギになってくると思われる。
なお、この試験は、ほぼ全道の商工会議所で開催されているため、
合格証書の作成には時間がかかるらしい。
今年最後に受験した試験が合格出来て、良かったと思う。

昨日は途中で寝てしまったので、昨日と本日の再放送を併せて
番組を見てみた。

視聴者からの意見も募っていたが、
JR北海道の路線は、私も国が背負うべきだと考えている。

というのは、沿線自治体ではなく、道(北海道庁)に負担させても良さそうに見えるのだが、
それをやってしまうと、今度は北海道庁の経営自体が、
夕張市のような財政難に陥ってしまう危険性があるからである。
(私が再国有化を望むのは、このためである。)

ただ、ようやく重い腰を上げて北海道庁は、
JRとの協議に参加したい旨を示したので、
その点は評価できると思う。

ちなみに、私の周囲の男性陣は、今の道知事に対して厳しい意見を言う人が多い。
私もそうなのだが、今の道知事に対しては、何か物足りなさを感じているのかもしれない。
これも類は友を呼ぶ、ということなのだろうか………。

追伸:しばらく、旅行業の記事を続けます。

先日、何気なく立ち寄った札幌コンサートホールkitara
ここでは主にクラシック音楽のコンサートが行われているが、
たまに合唱コンサートも開催されている。

久々に日程表を手に入れたし、
今年の資格試験の受験は一応終わったので、
たまにはコンサートに出かけてみようかとも思っている。

このページのトップヘ