From Sapporo -道産子のブログ-

2018年02月

2018年2月27日に、ずいぶん久々に、
クローズアップf現代プラス
を視聴した。

この番組を見ていて気になったことが一つ。
顧客満足度1位を獲得したことをきっかけに
取材が多くなったとあるお店。

実はこのお店、2018年になってから
あさイチでも
取り上げられており、どちらかの版踏みのスタッフか、
あるいは両番組のスタッフが取材に訪れたのか、
一体どっちなんだろう?と正直に思った。
何故なら、北海道では当たり前でも、
青森以南に住んでいる方は、一部の地域を抜かして
「このお店自体を知らない」という人が多いからである。

本日のブログは、タイトルの通り。
私は何度かこのブログに記していた通り、
2月18日と2月21日に試験を控えていたため、
それまでは殆ど見ることができなかった。

そしてしのぎを削った先週の皆様には
「お疲れ様でした」と敬意を表したい。

どの国の人も自国の選手を応援するのは当たり前ので、
このブログでは、敢えて海外勢の中から印象に残った選手を挙げたい。
まずは、何といってもチェコのレデッカ選手。
史上初の偉業を成し遂げたのは、称賛に値する。

次にドイツのペヒシュタイン選手。
成績はともかく、ベテラン選手として開会式前から注目を浴びていた。

最後に、最も印象に残った選手は、
トンガのピタ・タウファトファ選手だった。
なお、この選手が登場したシーンは
著作権及び問題映像になる可能性があるため、
これ以上は触れないことにする。

2月10日以来の投稿である。
2月18日及び21日と資格試験を受験していたため、
本日まで更新することができなかった。

さて、私は最近CMを見ていて、
気になった曲がある。
著作権の関係で歌詞は掲載できないが、
曲のタイトルを見ると、
どこまでも行こう
となっていた。

私は2月10日というと、
豊浜トンネル岩盤崩落事故
を思い出す。

詳細はウィキペディアなどに記載されており、
著作権問題に発展すると行けないので、
内容は省略する。

確かあの日も土曜日だった。
改めて、犠牲になられた方々の
ご冥福をお送りします。

毎年行われているさっぽろ雪まつり
このところ、マンネリ化しているような気もする。

このお祭りの不思議なところは
計3会場のうち、
なぜか第2会場が一足先に開幕するのである。

第1会場と第3会場は本日から。
今年も例によって、絵葉書の購入だけで
終わる見込み。

2018年2月3日から、
北海道立近代美術館で、
棟方志功展
が約7週間に渡って開催される。

2018年は2月18日と2月21日に立て続けに
試験があるので、
試験後に鑑賞してきたいと思う。
折角の機会を逃したくはないので………。

ところで、サブタイトル一部が東北弁って有りですか?(笑)

2月3日。

忘れてはならないのが節分
地域によって豆まきが違う。
転勤などで北海道に来られた方が、
スーパー等の節分コーナーで、
大豆の代わりに落花生が陳列されてあって、驚いたという話も聞く。

節分に関わる話題としては、
人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!
(2017年10月17日放送分)
が、私にとってあまりにも驚愕だった。
そう、節分になると誰もが、
豆まきをすると思っていたからだ。

また、元々は関西地方の風習だったものが
北海道も含めて全国に広がり、
スーパーのチラシにも登場するようになった
恵方巻
この場でばらしてしまうが、椎茸が苦手な私にとっては
ややきつい食べ物の一種である。

そして、もう一つ。
1972年 - 第11回冬季オリンピック、札幌大会が開幕
私が生まれる3ヵ月半前のことである。
私は過去に冬季大会、夏季大会を問わず
五輪の歴史を調べたことがあるが、
札幌五輪の開会式のエピソードは有名らしい。
なお、当時の開催期間あ11日間だったとか。
ついでに、この札幌五輪のテーマ曲、
虹と雪のバラードは、
一部の中学校で行われる合唱コンクールなどでも
自由曲として披露されることがある。

このページのトップヘ