From Sapporo -道産子のブログ-

2019年07月

地元が放送されたので、7月20日編に続いて
ブラタモリ 2019年7月27日放送分
感想を述べたい。

母の話によると、私が網走の大学を卒業して、
実家に戻る時に、父が運転する自家用車で
「展望台に寄った」とのことだったが、
私は、残念ながらあまり覚えていない。
(22年前の3月のことである)

ただ、今回の放送とは逆に、
あまり奇麗な景色で無かったことだけは、
なんとなく記憶にある。

また、今回の放送地域では、JRではなく、
最低でも観光バスでないと、
巡ることができない地域である。
変幻自在の雰囲気を醸し出す風景が
あまりにも印象的だったので、
いつか観光バスで、一部だけでもいいので、
今回の放送と同じ場所を巡ってみたいと思う。

2019年7月21日、参議院選挙が行われた。
私は、統一地方選挙の記事でも触れたが、
曲がりなりにも経済をかじったので、
選挙については、地元に限らず関心がある。

今回の選挙でも、結局投票率が低かった。
ただ、北海道選挙区の投票率は、全国を上回っていた。

私は、投票することに関しては、
某ラジオ局のパーソナリティとほぼ類似した考えを持っているが、
残念ながら触れることができない。
というのは、記事にすることによって、
著作権侵害になる可能性が否定できないからである。

本日は、ブラタモリ  令和元年 7月20日放送分の感想。
地元が舞台ということもあり、映像を見てみたが、
あまりにも内容が難しかった。

ただ、北海道内では、この番組の再放送がされないことが多いので、
もし万が一アンコール放送があった場合には、
再度視聴してみたいと思う。

7月15日に全国放送された
『永遠のニシパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎』
を視聴した。今回はその感想。

主人公の功績等は、STVラジオで放送されている
ほっかいどう百年物語
などでも放送されていたので、若干の知識はあったが、
まさかこんなに不遇な人生を歩んでいたとは
思いもよらなかった。

そしてもう一つ、このドラマで感じたことは。
道産子であっても、アイヌ語は難しく感じる
ということであった。

私はアイヌの方と話す機会がほぼ無いのだが、
かつて一度だけ、アイヌ文化の交流に関するセミナーにだけは
参加したことがある。もう少し給与を増やすことができたら、
白老や平取の二風谷などを訪問して
もう少しアイヌ文化に触れてみたいと思った。

7月13日に受験した
第84回リテールマーケティング(販売士)2級試験

第83回リテールマーケティング(販売士)2級試験
過去にない合格率の高さだったので、
難易度を上げることは既に予測されていた。

私にとって2級試験(又は中級試験、等)は
一発合格することが非常に少ない、鬼門の試験となっている。
つまり、どんなに良くても2回目の受験に突入しないと
合格しないのである。
あるいは一部の試験を抜かして、準2級試験までであれば、
一発合格となることが多いのだ。

ちなみに、この試験は5科目ほどある。
私が大の苦手とする3科目目でどう点数を稼ぐかが
課題になったとように思われた。
今回は、不合格の可能性が高いので、
過去に合格した経営学検定等の試験問題も参考にしながら
2月の試験に備えたいと考えている。

時間の経過は早いもので、
北海道南西沖地震から
26年の歳月が流れた。

当時、私は網走にある大学の1年生で(2年ほど浪人)
親元を離れて生活していたため、
テレビは敢えて置いていなかった。

そのため、ラジオで惨劇を聞き、
新聞で更なる惨劇を見ることとなった。
何年か後にこの南西沖地震がドラマ化され、
そのドラマを見た時は、何とも言えない気持ちになった。

この地震については、つい最近まで、
全国ニュースで取り上げられることは少なかったが、
一昨年くらいから、毎年のように取り上げられるようになった。

改めて、北海道南西沖地震で犠牲になられた方々の
ご冥福をお祈りいたします。

本来だったら7月7日が七夕に当たるのだが、
私にはあまりピンと来ていない。
道内でも一部地域で7月7日を七夕とするところがあるが、
札幌を含めた殆どの道内地域では、
1ヶ月遅れの8月7日が七夕
となるからだ。

詳細は、8月7日に記す予定。

甚大な被害をもたらした西日本豪雨から
1年が経過した。避難生活を余儀なくされている方々や
自宅には戻れたものの、家族が犠牲になられた方々、
あるいは、家族は犠牲になられなかったものの、
家屋が甚大な被害に見舞われた方々のことを思うと、
なんて言葉をかけたらいいのやら、と正直に思う。

6月2日に受験した経済法令研究会主催の
銀行業務検定 財務4級
の結果が届いた。自己採点通り、84点で合格・
自己採点にて、1問だけ勿体ないミスをしていることに気が付いた。

この銀行業務検定試験は4級から2級までしかなく、
実質は3級から1級に相当する。
そのため4級試験は、基礎編となる。
(とは言え、4科目しかない)、
そのため、どんな試験でも出来る限り
基礎編から受験するようにしている。

これで銀行業務検定試験で残す4級試験は
税務4級のみとなった。
日本コンプライアンスオフィサー協会の一部の試験と
同一時刻の試験となるので、どちらを優先するか
決めたいと思う。

なお、受験料の支払に余裕があれば、
日本コンプライアンスオフィサー協会
及びホスピタリティ検定協会が主催するCBT試験は
受験する予定。

このページのトップヘ