From Sapporo -道産子のブログ-

2021年02月

私が色々な資格を取り始めるようになった頃(2009年前後)は、
各資格試験のレベルを問わず、資格学校の映像通学
または一部の通信教育を利用していた。

その結果、資格学校にも相性の良し悪しがあることが分かった。
私自身の理解不足、勉強不足もあるのだろうが、
何故かTACさんを高座利用したときは、全敗を喫している。
(後で述べるが。例外がある)

ちなみに今は、初級クラスの国家資格、公的資格以外、
いわゆる、中級資格以上の資格から資格学校等を利用するように
心がけている(一部の公的資格と民間資格を除く)。

なお、上述した件については
公開模試を会場受験または自宅受験した場合も
似たような傾向が続いている。
(TACさんの過去問題集のみを使用した場合は、
わずか1勝である。)

資格マニアの方は独学の方が多いようだが、
もしどうしても資格学校等を利用せざるを得ない場合、
「相性を見極めないと、私のように失敗する可能性もある」
ということを知っておいて戴きたい。

なお、敢えて『資格学校等』という表現にしたのは、
最近は、通信講座を利用する方も増えているという話を
チラホラ聞いているためである。

差し出がましいようだが、私の経験が参考になればと思い、
記事にしてみたまでの話である。

続。

本日は令和2年2月24日に放送された
水バラ ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅  
 盛岡〜青森・八甲田山 全てはここから始まったSP

の感想。

私はこの企画の第1弾と第2弾の生放送は死傷していなかったので
この2回分については、DVDが発売されるようであれば、
購入したいとすら思っていた。

最初の頃は手探り状態だったことが伺えた。
今回、番組を振り返るに当たって、司会者を入れたのは
正解だっと思う。
というのは、この対決旅自体が過酷になっているので、
万が一、リーダー同士が口喧嘩に発展した場合、
仲裁役が必要だからだ。

ただ、司会者からの質問に対して、
鉄道チームのリーダが答えた質問に、
司会者とバスチームのリーダーが
呆れたような表情をしていたのが印象的だった。

また、バスチームのリーダーがスタッフを
親切にしているのにも関わらず、
当のスタッフやでイレクターは、
感謝の言葉こそ述べるものの、
企画の制作からしてやや意地が悪いように見えた。続きを読む

2006年(平成18年)2月23日の朝、私は思わぬ興奮に包まれた。
2月23日の時点では、今は亡き父親も生きており(約4か月後に他界)、
偶然にもその父と一緒に金メダルの瞬間を見ていた。

このトリノオリンピックは、選手として送り出した
日本勢が大不振の年であり、ここまで一つのメダルも撮れていなった。

だが、それを打ち破ったのが荒川さんだったように思える。
いくらフィギュアスケートに疎い私でも、今振り返ってみると、
当時としては、素晴らしい演技だったことがよく分かる。
(ちなみに、北海道では、スピードスケートの方が盛んである。)

私は、おそらく選曲と演技がマッチしていたことが、
高得点を生み出し、しかもそのことがロシアの金メダル候補に
多大なプレッシャーをかけたのではないか、と考えている。

トリノオリンピックで荒川静香さんが金メダルを獲得してから、
男女(シングル)を問わず『トゥーランドット』を使用する選手は、
何人か見かけたが、シングルに限ると、『トゥーランドット』で
オリンピックの頂点に立った人はいない。
(ペアとアイスダンスについては、把握していない)

今日はこんなことを振り返ってみた。







10年前の2月22日に飛び込んできた
ニュージーランド・クライストチャーチ地震

私は当時のニュースで知ったのだが、
海外の地震では、一番記憶に残っている。

何故なら、当時はの地震の約2週間後ににまさか
東日本大震災のような大地震が起きるとは思っていなかったうえに、
人々が泣き崩れる映像を見て、「辛いだろうな」と
察することだけはできたからだ。
そしてもう一つ、日本人留学生がこの地震の被害に巻き込まれたことも、
この地震を覚えている理由の一つとなっている。

クライストチャーチ地震で被害に遭われた皆様の
ご冥福をお祈り申し上げます。
そして、その時のご家族の皆様、辛いとは思いますが、
気を落とさずに暮らしていけることを心から願っております。


過酷なロケーションをするのは旅番組とは限らない。
例えば、北海道を舞台にした映画を放映したり、
ドラマを放送する場合は、ロケーションが大変だという話を
ちょくちょくと耳にする。

状況次第では、映画もドラマも1か月間は泊まり込みなるというのだ。
(最短でも映画は1週間、ドラマは2週間の泊まり込みを余儀なくされるらしい)

こういうことを考えると、『北の国から』(連続ドラマ版)
のロケーションは異次元であったと言えるのかも知れない。
著作権の関係があるので、倉本聰氏が出版したエッセイを
参考にして戴けると有難い。

私は、北海道を舞台にしたドラマのDVD購入も画策中である。






しばらくの間、旅行はできないと思うが、
旅行番組を見ていると過酷なロケーションが多いように思う。

過去を振り返ってみると、その中でも過酷を極めたと思うのは
CBCテレビが放送したとある番組のとあるコーナーである。
(北海道では何週間か遅れて、HBCで放送されていた。
著作権を考量しなければならないので、ウィキペディア等を
参考にして戴けると幸いである。)

ちなみに、この過酷なロケーションのうち、
人気を博した企画は、一部がDVD化されている。
だが、セットで購入しようとすると、料金が高いのがネックとなっている。
それでも、私はこのDVDを購入しようと画策している。

何故なら、このDVDの中に含まれている旅行先には、
海外の一部が入っており、しかもそれは
『総合旅行業務取扱管理者試験』の観光地理対策
に役立ちそうだということが判明したからだ。

なお、『水曜どうでしょう』(HTB制作)については、
一度も見たことがないので、ブログに感想を記すのは不可能である。
また、『1×8いこうよ』(STV制作)のDVD購入は、検討中である。
一見すると過酷なロケーションは全くないように見えるのだが、
この
『1×8いこうよ』(STV制作)のディレクター、
2人の出演者が嫌がる企画を平気で実行しようとするので、
見ようによっては、ロケーションが過酷に見えてしまうのである。
そこが
『1×8いこうよ』(STV制作)の面白いところであり、
この番組の罠とも言えるのかも知れない。

長くなったので、今回の記事はここで打ち切り。





続きを読む

私が学生だった頃、男女平等以外にもう一つ、
口を酸っぱくして言われたことがある。

『物事は均等に分けること(配分すること)』

食べ物に限った話ではなく、おもちゃや本などでも
同じことであった。

一人っ子として育った自分は、一人っ子だからこそ、
均等配分ということには気を付けて育ってきた。

ところが、2人兄弟(兄妹、姉弟、姉妹)のように一人っ子でない場合、
上か下のどちらかが優遇されていたのである。

ただ、一人っ子の場合は、親の監視が厳しくなるのも事実。
兄弟(兄妹、姉弟、姉妹)のいる人は、一人っ子を羨ましがっていたが、
未だに羨ましがられる理由が良く分からない。
私自身は、まったく逆に捉えていたからだ。

『隣の芝生は青く見える』ということだろうか・・・・・・・・・。

私は、小学校時代から大学時代まで、
『男女平等は当たり前であること』
ということを、口を酸っぱくして教えられてきた。

1986年に男女雇用機会均等法が成立して、
その後何度かの改正を経て、今に至っている。

だが、実際に会社勤めをしている女性の方に、
ファイナンシャルプランナーのセミナーなどでお話を伺うと、
企業によっては、未だに男女の賃金格差があるという。

しかもこのような賃金格差を設けている会社の男性社長は、
「男女平等」の教育を受けなかった、60代か70代の人か
その遺志を継いだ息子が多い、とのことである。

私は、今回の騒動を受けて、インタビューしたみたいと思ったのは、
未だに賃金格差を設けている企業の男性社長である。
何故なら、賃金格差を解消しないのであれば、
古い考えから抜け出せないということになるからだ。

ということは、時代の流れについていけないという証明にも
なってしまう可能性が否定できないのではないか。
(現に、コンピューターの導入が遅れて企業では、
衰退している企業が幾つかある。)

かく言う私もそうならないよう気を付けていきたいと思う。

本日は、タイトルにも記した通り、
豊浜トンネル岩盤崩落事故が起きた日だ。

事故が起きたのは、25年前。確か土曜日だった。
犠牲者20名のうち、何名かの高校生が
事故に巻き込まれたのは知っていたが、
約5分の2が20歳未満の小学生、中学生、そして高校生という
ことを考えると、いたたたまれない事故だったように思う。
(崩落した岩盤は、5万tもあったらしい)

なお、北海道民以外は知らない方が多いかも知れないので
念のため、付け加えておく。
25年前に起きた『豊浜トンネル岩盤崩落事故』は、
旧豊浜トンネルで起きたものであり、
現在の豊浜トンネルは「新豊浜トンネル」と
呼ばれることもある。
(慰霊碑も今の場所に移転している)

自然災害でも言えることだが、突然の事故や災害で
ご家族を失った方の気持ちを思うと、
本当に何と声をかけたらいいのか分からない。

改めて『豊浜トンネル岩盤崩落事故』で
犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
そして、2度とこのような事故が起こりませんように、
心から祈っています。


2020年1月から一時期の中断を挟み、年を越して最終回を迎えた
『麒麟がくる』

私は、昨年後半からほぼ試験勉強に没頭していたたため、
あまり見ることができなかった。
ただ、最終回だけは意地でも見ようと思っていた。

私もラストシーンは意外だった。
ただ、現代にいたるまで生存説が存在しているので、
なるほどなとも思った。

次回の大河ドラマ『青天を衝け』については、
大学時代に経営を学んだことと、新札の顔になることから、
できるだけ見ようと思っている。


まずは2021年 資格試験日程 一部修正の記事をご覧いただきたい。
今回は、さらに修正を加え、かつ受験するを試験少しだけ絞る。
念のため、筆記試験(マークシートまたは記述式)とCBT試験も
全て公表することとした。

1 旅行関連
① 総合旅行業務取扱管理者試験(確定…筆記試験)旅行()業務取扱管理者試験
② 世界旅行地理検定中級(確定…インターネットかつ在宅受験)
(受験料に余裕があれば、以下の試験を追加)
③ -1 OFC検定シリーズ(国際航空運賃検定・・・CBT試験)
③ -2 OFC検定シリーズ(航空トラベル検定・・・CBT試験)
④ 運行管理者試験(貨物・・・筆記試験)
 ・・・旅行業務取扱管理者試験との相乗効果がある模様(筆記試験)。
⑤ 観光英語検定(筆記試験)
⑥ 観光検定(受験料9,000円・・・筆記試験)
(インバウンド実務主任者試験も、状況次第で受験)

2 簿記関連
⑦ 全経簿記2級(商業簿記)・
⑧-1 日商簿記(3級 CBT試験または筆記試験)
⑧-2 日商簿記(2級 CBT試験または筆記試験)
⑨-1 日本ビジネス検定協会主催 農業簿記3級(筆記試験)
⑨-2 日本ビジネス検定協会主催 農業簿記2級(筆記試験)
⑩-1  建設業経理事務士4級(筆記試験)
⑩-2  建設業経理事務士3級(講習・・・筆記試験)
⑪ 日商原価計算初級(CBT試験)
⑫日商リテールマーケティング(販売士)検定1級
・・・1級試験の中では最優先となる資格試験

⑬経済法令研究会主催
銀行業務検定協会、日本コンプライアンスオフィサー協会、
及びホスピタリティ検定協会の各種検定試験から、
受験が可能な試験は全て受験(CBT試験も含む)

⑭ 金融財政事情研究会主催(いずれもCBT試験)
日本商工会議所と共同実施のものを含めて、3級試験、2級試験を問わず受験予定。

⑮情報部門
中央職業能力開発協会、全日本情報学習振興協会、
情報処理推進機構、サーティファイの各種試験から
受験できる試験は全て受験
(個人情報保護実務検定などの法律分野も含む)

続きを読む

本日、新年1発目の試験税務4級をCBT試験で受験してきた。
この試験は、元々昨年のが3月に受験する予定だったが、
新型コロナウイルス感染症の影響で試験自体が中止となった。
その後、追試も含めて、結局3月から6月までの試験の中止を余儀なくされた。

このような経緯があったため、本来ならば、
3月第1週目の日曜日に筆記試験で、税務4級を受験しようかとも考えていた。
しかし、3月の第2週目の日曜日にこれまた基礎的な
建設業経理事務士4級の試験を半ば強引に組み込んだので、
何か別の手立てはないものかと考えていた。

そこで何気なく主催団体のホームページを見てみると、
幾つかの科目でCBT試験を実施することが判明した。
そんなわけで、CBT試験で税務4級を受験することを決め
無事合格したのである。

ちなみに点数は、92点。CBT試験では過去最高の点数を叩き出した。
90分の試験がわずか30分くらいで解けてしまったので、
少し不安になったが、きちんと見直しをして終わらせた。
実は見直しをしないで『試験終了』ボタンを押していたら、
わずか2点とは言え、損をするところだった。

試験終了後、合否の判定と、分野別の得点をレーダーチャートとして、
ひとまとめにした印刷用紙1枚だけが配布されるのかと思いきや、
問題の内容と、どこが間違えたのかを記した細かな表も
プリントされてきた。
その結果、やや相続税と贈与税が弱いことが分かった。
(以外にも基礎的な部分で点数を落としていた)

これで銀行業務検定4級試験はすべて終了。
なお、銀行業務検定3級試験は、
試験によって4択と5択に分かれているので、
まず、4択の試験(CBT試験)から片付けていきたいと思う。
また、一部の試験は金融業務能力検定試験3級(CBT試験)と
並行して勉強した方が相乗効果が生まれそうである。
続きを読む

私は全く自動車を運転しないが、
スタッドレスタイヤは歩行者の転倒を招く
というのは事実である。

雪国に住んでない方はピンと来ないかもしれないが、
スタッドレスタイヤで走行すると、氷が削られることがある。
ただ、走行状態によっては、氷が削られずに、
歩道に氷が乗り上げるのである。
そして、その部分が非常に滑りやすくなるのだ。

よって、歩行車は氷が乗り上げた部分を
踏んでしまう可能性があるのだ。
そうなると、タイトルに記したように、
いくら歩行車が気を付けていても、
転倒しやすくなってしまうのだ。

ちなみに、かつて北海道内では冬道を走る際
スパイクタイヤが主流だった。
こちらは、粉じん公害が指摘されて、廃れていった。
この粉じん公害という問題が起きなければ、
今でも、スパイクタイヤを使用していた可能性が高い。

一方、スタッドレスタイヤでは、
歩行者が転倒しやすくなるような問題はあるものの、
公害問題が起きないように設定していると思われる。
その点は、メリットといえるのではないだろうか。

よって、スパイクタイヤやスタッドレスタイヤとは
別のタイヤ製造が必要になっているような気がする。

昨日、ファイナンシャルプランナーの先生のご自宅から、
いわゆる会葬品が送付されてきた。

その中身は、海苔とチョコレート菓子、
私自身は全く飲むことができない
コーヒーパックのようなものが入っていた。

私は網走の大学に通っていた頃を抜かすと、
親戚以外からはチョコレートをもらったという
経験があまりない。

そこで、私の母が提案したように、
「バレンタインデーに(チョコレート菓子を)いただく」という
手もあるのではないか、と考えている。

一方。海苔は焼き海苔と味付け海苔が送付されてきているので。
温かいご飯やお餅などに巻いて食べようと思っている。
ただ、北海道内では味付け海苔より焼き海苔の方が
売れる確率が高いので、味付け海苔の使用方法
については、何らかのレシピを参考にしたいと思う。

本日は例年より1日早く、節分である。

さて、私は過去のブログで
北海道では節分の日に落花生で豆まきをする
という旨を記した。

そこでいつからこのような風習が生まれたのが調べてみた。
どうやら昭和30年代に大豆から落花生に取って代わられ、
現在に至るまで定着することとなったらしい。
何故このような風習が生まれのかは定かではないのだが、
人によっては、昭和300年代に起きた『新生活運動』
関係しているのではないか、という説を唱えている方もいらっしゃる。

本日のブログはここまで。






今日から2月になったので、
2021年 資格試験日程詳細
の修正をしておく。

旅行関連
①総合旅行業務取扱管理者試験(確定)旅行()業務取扱管理者試験
②-1世界旅行地理検定中級(確定)
(受験料に余裕があれば、以下の試験を追加)
②-2旅行地理検定上級
③OFC検定シリーズ(国際航空運賃検定+航空トラベル検定)
④観光検定
⑤観光英語検定(英単語検定より優先度が高い)
⑥国際知識検定

⑦世界遺産検定1級
⑧運行管理者試験(貨物)
 ・・・旅行業務取扱管理者試験との相乗効果がある模様。

簿記関連
⑨-1全経簿記2級(商業簿記)
⑨-2全経簿記1級(商業簿記+工業簿記)

⑩日商簿記(3級+2級 CBT受験)
⑩-1日本ビジネス検定協会主催農業簿記検定(2級+3級)
⑪-2日本ビジネス検定協会主催簿記能力検定(級は未定)
⑫-1建設業経理事務士4級
⑫-1建設業経理事務士3級(講習)

受験料に余裕があれば、財務3級なども受験予定)

⑬原価計算初級
⑭税法能力検定試験

情報処理も含めた経済-経営関連
( ⑬~㉑まではCBT受験の予定)
⑮税務4級(CBT 確定)
⑯ホスピタリティ検定(2級+3級)
⑰金融AMLオフィサー(基本+実践)
⑱金融コンプライアンス検定2級
⑲JAコンプライアンス3級(CBT化された場合のみ受験)
⑳社会人コンプライアンス検定(4月以降の受験を検討)
㉑銀行業務検定試験‣‣‣以下の5資格の中から幾つか。
(税務3級、財務3級、法務3級、年金アドバイザー3級、相続アドバイザー3級)
㉒-1金融業務能力検定3級 業種別ベーシックコース
㉒-2金融業務能力検定3級 個人型(iDeCo)コース
(税務コース、法務コース、財務コースも検討中)
㉒販売士1級(受験濃厚)
㉓-1コンピューター技能評価試験 情報セキュリティ部門
㉓-2情報セキュリティ初級(筆記試験)
㉓-3情報セキュリティ管理士(筆記試験)
㉒-4情報セキュリティマネジメント試験(後期受験の可能性あり)
(情報セキュリティ関連は、便宜上一つの番号にまとめた)
続きを読む

このページのトップヘ