時間の経過は早いもので、
北海道南西沖地震から
26年の歳月が流れた。

当時、私は網走にある大学の1年生で(2年ほど浪人)
親元を離れて生活していたため、
テレビは敢えて置いていなかった。

そのため、ラジオで惨劇を聞き、
新聞で更なる惨劇を見ることとなった。
何年か後にこの南西沖地震がドラマ化され、
そのドラマを見た時は、何とも言えない気持ちになった。

この地震については、つい最近まで、
全国ニュースで取り上げられることは少なかったが、
一昨年くらいから、毎年のように取り上げられるようになった。

改めて、北海道南西沖地震で犠牲になられた方々の
ご冥福をお祈りいたします。