令和元年9月6日に公開したブログの続きを記す。
札幌市清田区の今の現状である。

あまり放映されていないが、実は
美しが丘地区のおいても、地震によって液状化現象が起きた。

私は、仕事の都合上、毎月1回里塚を訪問していて、
その里塚の隣が美しが丘なので、
美しが丘1丁目付近の現状をバスの中から眺めることができる。

TVで放映されている里塚と比較すると、
一見、復興が進んでいるように見えるが、
あくまでもこれは見えるだけである。
つまり、美しが丘にも未だに傾いた家があり、
ロープは貼られているものの、
解体作業すら行われていないのである。