阪神淡路大震災から25年が経過した。
月日が経過するのは早いと思う。

当時、私は網走の大学に通っており、
敢えてテレビを置いていなかったので、
ラジオか新聞でしか情報を知ることができなった。

翌日の新聞に掲載された映像と
札幌の自宅に帰宅した際に、テレビを見てみた時の映像が、
ほぼ同じだったことに動揺を隠せなかったことを思い出す。

また、私の母の話によると、
「人が逃げる方向と、犬などの動物が逃げる方向が逆だった」とか。
これの意味することは何なのかと考えさせられることもあるが、
私にとっての答えは見つかっていない。
改めて、犠牲になられた方々のご冥福をお祈り致します。