2020年1月から一時期の中断を挟み、年を越して最終回を迎えた
『麒麟がくる』

私は、昨年後半からほぼ試験勉強に没頭していたたため、
あまり見ることができなかった。
ただ、最終回だけは意地でも見ようと思っていた。

私もラストシーンは意外だった。
ただ、現代にいたるまで生存説が存在しているので、
なるほどなとも思った。

次回の大河ドラマ『青天を衝け』については、
大学時代に経営を学んだことと、新札の顔になることから、
できるだけ見ようと思っている。