From Sapporo -道産子のブログ-

カテゴリ: 地歴・政経‣法律

私は、小学校時代から大学時代まで、
『男女平等は当たり前であること』
ということを、口を酸っぱくして教えられてきた。

1986年に男女雇用機会均等法が成立して、
その後何度かの改正を経て、今に至っている。

だが、実際に会社勤めをしている女性の方に、
ファイナンシャルプランナーのセミナーなどでお話を伺うと、
企業によっては、未だに男女の賃金格差があるという。

しかもこのような賃金格差を設けている会社の男性社長は、
「男女平等」の教育を受けなかった、60代か70代の人か
その遺志を継いだ息子が多い、とのことである。

私は、今回の騒動を受けて、インタビューしたみたいと思ったのは、
未だに賃金格差を設けている企業の男性社長である。
何故なら、賃金格差を解消しないのであれば、
古い考えから抜け出せないということになるからだ。

ということは、時代の流れについていけないという証明にも
なってしまう可能性が否定できないのではないか。
(現に、コンピューターの導入が遅れて企業では、
衰退している企業が幾つかある。)

かく言う私もそうならないよう気を付けていきたいと思う。

本日は、タイトルにも記した通り、
豊浜トンネル岩盤崩落事故が起きた日だ。

事故が起きたのは、25年前。確か土曜日だった。
犠牲者20名のうち、何名かの高校生が
事故に巻き込まれたのは知っていたが、
約5分の2が20歳未満の小学生、中学生、そして高校生という
ことを考えると、いたたたまれない事故だったように思う。
(崩落した岩盤は、5万tもあったらしい)

なお、北海道民以外は知らない方が多いかも知れないので
念のため、付け加えておく。
25年前に起きた『豊浜トンネル岩盤崩落事故』は、
旧豊浜トンネルで起きたものであり、
現在の豊浜トンネルは「新豊浜トンネル」と
呼ばれることもある。
(慰霊碑も今の場所に移転している)

自然災害でも言えることだが、突然の事故や災害で
ご家族を失った方の気持ちを思うと、
本当に何と声をかけたらいいのか分からない。

改めて『豊浜トンネル岩盤崩落事故』で
犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
そして、2度とこのような事故が起こりませんように、
心から祈っています。


本日は例年より1日早く、節分である。

さて、私は過去のブログで
北海道では節分の日に落花生で豆まきをする
という旨を記した。

そこでいつからこのような風習が生まれたのが調べてみた。
どうやら昭和30年代に大豆から落花生に取って代わられ、
現在に至るまで定着することとなったらしい。
何故このような風習が生まれのかは定かではないのだが、
人によっては、昭和300年代に起きた『新生活運動』
関係しているのではないか、という説を唱えている方もいらっしゃる。

本日のブログはここまで。






来年、成人式を迎える皆さんの立場を考えると、
確かに「お気の毒様」とは思う。
しかし、その一方で、新型コロナウイルスの感染状況が
治まらない現状を見ると、「成人式の中止はやむを得ない」と
思わざるを得ない。

ちなみに、私自身は28年前に成人になったが、
2年浪人していて、センター試験(当時)も近かったことから、
成人式への参加を見送った経験がある。
そのためか、親からは今も「だらしのない生活」を
送っているように見える時があるらしい。

今日はタイトルにも記しているように、父方の祖母世祥月命日だ。
父方の祖母には、何かと可愛がってもらっていた。

その祖母の意思を継いでいるのか、それとも
三重県出身ということが影響しているのか、
(父と、父方の2番目の叔母は大阪生まれの三重県育ちで、
その他の父方の叔母と伯父は三重県生まれの三重県育ちである)
全員、粒あんが大好きだ。
(昭和28年頃、三重県の中万町から北海道の函館市へ移住)
特に、おはぎに関してはそうらしい。

ところが、赤福だけは漉し餡なのによく食べるのだ。
例年なら、物産展まで出かけて、赤福を購入してくるのだが、
今年は物産展に行くことも危ないと判断して、
1日早く粒餡のお菓子を購入して仏壇にお供えした。

ちなみにそのお菓子のメーカは、かつて函館に本店を構え、
後に、札幌に支店を出したメーカーだ。
現在は、函館に本店を構えていた面影はなく、
噂によると、兄弟で経営を分離したらしい。

ということで今回は、函館の祖母の祥月命日にあたって、
こんなことをブログに記してみた。
しっかりと仏さんに手を合わせたいと思う。

9月11日と言えば、アメリカ同時多発テロ事件を思い出さざるを得ない。
夜の10時過ぎにショッキングな映像が飛び込んできた。
この当時、イスラム教徒を中心に、『アメリカ憎し』の
風潮が強まっていた、と聞き及んでいる

ただ、いくらそのような気持ちがあったとしても、
そこを押さえるか、突発的に事件を起こしてしまうかで
評価は分かれてしまう。
しかも、それが戦争へと繋がっていった。

この事件では、日本人も犠牲になっているだけに、
他人事では済まされない、

最後に、この事件で犠牲になられた方々の
ご冥福をお祈り申し上げます。
そして、今でも後遺症に苦しんでいらっしゃる方に
お見舞い申し上げます。

私が最終目標とする中小企業診断士試験の合格。
コロナ禍の中、実施された1次試験の合格発表が、
8月の最終火曜日にあった。

1次試験受験者の間では、この合格発表が、騒動になっている。
合格率が、例年の約2倍に膨れ上がっているのだ。

さて、2次試験(記述)はどうなることやら。
参考書や各資格学校では、解答例などを提供しているらしいが、
2次試験の解答例というのが曲者(複雑)らしい。

私が「某資格学校」から聞いたところによると、
解答例を見比べたときに、「1校目の資格学校」と「2校目の資格学校」において。
解答例が正反対になっていることが、あるというのだ。
(参考書も似た傾向がある模様)

なお、私自身は簿記関連や情報関連、及びスコア形式の関連資格を
未だに取得していないので、受験費用を捻出できれば。
前哨戦となる試験の受験を再開する予定である。

但し、今年は旅行関連の資格が残っているので、そちらを優先する予定。

今日は、真岡郵便電信局事件が起きた日だ。
だが、この事件は、道民ですら知らない人が多い。

私がこの事件を知ったのは、
『ほっかいどう百年物語』
というラジオ番組を編集した本だった。
そのすぐ後に、偶然にも再放送を聞くことができた。
ただ、この時は30分間の放送のうち、15分程度しか
聞くことができなかった。

そのこともあって、いつかこの事件について、
30分間全部の放送を聞いてみたいという思いがあった。
その願いは、スポーツ中継が消えた2020年4月に叶った。
改めて聞いてみると、ラジオで映像は見えないはずなのに、
まるで映像が見えるかのような錯覚に陥ってしまった。

ちなみに、この事件は、過去に映画化と
民放局でドラマ化もされた。
とは言え、ドラマ化されたのは今から12年前なので、
そろそろ再放送をしてほしいと思っている。

ところでこの事件で犠牲になられた方は、
目の前に死が迫った時、どんな思いだったのだろう。
それとも、当時はそこまで考える余裕はなかったか。
彼女たちの心理が計り知れない。

なお、この事件の詳細はWikipediaを参考にしていただきたい。
今日の感想は、こんなところだ。

今日は終戦記念日である、
だが、日ソ中立条約を破棄して戦争に参加した当時のソ連と
日本との間では、終戦記念日を過ぎても戦争が続けられていたことを
知っている人は少ない。

しかも、北方領土を不法占拠したことから、
道民の間では、現在でも旧ソ連(現ロシア)に対して
憎しみを抱く人だけでなく、ロシア人自体も嫌いだという人が、
年配者を中心に、圧倒的に多い。

ロシアを嫌う理由として考えられる理由は、
他にも幾つか考えられる。

1点目は、当時の満州や大連などから、
シベリアに抑留され、過酷な労働を強いたのにも関わらず、
未だにその事実を認めていない点である。

2点目は、当時の樺太で起きた真岡郵便電信局事件
私の場合は、偶然にもこの事件をラジオを通して
知ることとなった。

3点目は、日本はポツダム宣言を受諾して、
周旋したはずである。ところが当時のソ連は
当時の樺太では乱暴狼藉を行い、
更には、樺太からの引き揚げ船を、座礁させるという
暴挙まで行った。

ちなみに2点目、3点目については、
大人になってから知ったことである。

私が高校を卒業したのが平成3年なので。
随分昔の話に聞こえる人はいるかもしれないが。
社会の先生の講義姿勢は一貫していた。

太平洋戦争の話になると決まって、旧ソ連を悪とする発言を
繰り返した。その一方、アメリカに対しては、
「原爆投下は悪事である。しかし、戦後アメリカの植民地となった
小笠原諸島や沖縄の返還には応じて、実際に日本へ領土を返還した。
その点は、評価できる」。
続きを読む

今日は長崎に原爆が投下された日である。
仕事に行く予定だったが、昨日は事情によって
3時間くらいしか寝ていないこともあり、きちんと黙祷をしたいと思う。

ところで、原爆投下に関して、日本の若者は
どのように思っているのだろう。
マスコミにもアンケート調査をしていただきたいものである。

最後に、広島と長崎で原爆の被害に遭われた方に、
ご冥福をお祈り申し上げます。

北海道や東北では、8月7日を七夕とすることが多い。
私が住む札幌市中央区ではやったことがないが、
白石区では、『ろうそくもらいの儀式』が行われているらしい。
(今年はおそらく中止にしたと思われる)

実は、この儀式、連続ドラマ時代の、
『北の国から』でも触れられており、放送もされている。

ちなみに、北海道に笹の葉はないので、
願い事を書いて短冊を記すのものも、まったく別のものとなる。
こちらは、かつて秘密のケンミンshow』
で放送されたので、著作権の関係で省略する。
(当ブログの読者には申し訳ないが、調べていただきたい)

今日は広島に原爆が落とされた日だ。
新型コロナウイルスが蔓延する前に、札幌駅と大通駅を結ぶ地下歩行空間で、
展示をやっていたので、偶然にも見ることができた。

私のように真剣に展示を見ている人は、少なかったが、
まだ足を踏み入れたことがない原爆資料館には、
何が展示されているのだろう………。
そう思わずにはいられなかった。

私自身は当然のことながら戦争を知らない。
しかしながら、偶然かつ幸運にも毎年記念式典を
視聴することができているので、今年も、
黙祷をして、記念式典を見守りたいと思う。

アメリカの中国に対する強硬政策のニュースが、
Yahoo!Japanで取り上げられていた。

私が生まれる前の、戦前の日本もそうだったが、
アメリカを怒らせると、何をしてくるか分からない。
(日本は原爆投下という憂き目に遭った)

ニュースを読む限り、これは米中戦争勃発の兆しと見ていいのではないか。
もし、米中戦争が勃発した場合、同盟国である日本は
アメリカに追従せざるを得なくなるであろう。




令和2年7月11の記事に続き、新幹線建設とJRの対立について述べる。
今度は九州編。いわゆる九州新幹線西九州ルート。

ここも佐賀県とJR九州が対立している模様。
前回のリニアでも言えたことがだが、対立の背景にあるのは、
県側にメリットがないか、デメリットの方が大きい点にある。
と同時に、ここでも、JR九州が最初に発言したことが、
変更されているのだ。
これが、佐賀県とJR九州の対立を生み出したらしい。

JR九州と対立する佐賀県の意見を聞いていると、前回の静岡県もそうだが、
「佐賀県の言い分が正しいのではないか」と思ってしまう。

ただ、JR九州は今回の豪雨被害で、かなりのJR路線に支障が出ている模様なので、
そちらに費用を投入するとなると、新幹線の建設まで手が回せなくなるのでは、
とも思っている。

しばらくの間、様子を見守ることにしておきたい。
新型コロナウイルス感染症が終息した折には、
新たな対策が施されているかもしれないからだ。

続きを読む

リニア中央新幹線の建設着工を巡って、JR東海と静岡県が揉めている。
私はご存知のように乗り鉄だが、リニア中央新幹線については、
静岡県の言い分が正しいように思えて仕方がない。

というのは、私は大学時代に、
農業経済、農業経営、林業経済、環境経営、交通経済、地域経済等の、
単位を取得しており、静岡県側のいう通り、環境を破壊する可能性が
否定できないのは目に見えているからだ。

この揉め事の原因はどこにあるのか。
静岡県は、過去に似たような経験があるのにも関わらず、
保証などもあまりされなかったようなので、同じことを
繰り返したくないのではないか。

そしてもう一つ、JR東海の発言が変更されたことも、
もしかすると静岡県側は、問題視しているのかもしれない、
と予測する。
続きを読む

少し遅くなりましたが、今回の大雨で被害に遭われた
皆様にお見舞い申し上げます。

北海道は、「蝦夷梅雨」と呼ばれる現象はあるものの、
大雨や台風の被害を受けることが、本州と比較すると少ないので、
対岸の火事と捉えがちだが、それは危うい考えのように思う。

というのは、特に、台風が温帯低気圧にならずに通り過ぎた場合、
本州と同じように被害が甚大になるだけでなく、
JRですら運休を余儀なくされるからだ。

よって、異常気象が続いている以上、
大雨だってやって来ない、という保証はないに等しい。
現に何年か前には、利尻島で犠牲者を出してしまったし、
十勝でも、JRの路線が使用できなくなったという、
被害が起きているのだから、安心はできない。

もっとも、北海道内では雨よりも雪または氷による
被害の方が大きい。特にアイスバーンは最悪。
スタッドレスタイヤの登場により、
かつては首都圏在住の方が雪道で転倒することをあざ笑っていた
道産子ですら、アイスバーンでは転倒することが多くなっているからだ。

個人的には、アイスバーンになるくらいなら、いっそのこと
2メートルくらいの大雪が降ってくれた方が良い。

昨年、国内旅行業務取扱管理者試験に合格してから、
以下に述べることを発見してしまった。

旅行業約款と貸金業法の登録に関する文言があまりにも似通っている。

ということは、このようなことを知っているうちに、
貸金業務取扱主任者試験も受験したほうが良いのではないか、
という結論に至っている。

受験料が高く、毎回のように合格基準点が変更されるものの
過去の試験結果を見る限り、最低でも7割点数を取得していれば、
合格できるらしいので、今年は思い切って受験しようかとも考えている。
ただし、受験するからには、9割の点数を目指したい。

なお、今年は新型コロナウイルスの影響によって、
大幅に試験日程の変更を余儀なくされていることから、
6月21日実施の試験結果発表簿に、改めて試験日程を記す予定。

また、令和2年度は生活できるだけの給与を得ていない私にとっては
有難い10万円の給付があったので、
その一部を国家資格の受験料とDVD講義に利用したい、
という思いもある。

特に、今回取り上げている貸金業務取扱主任者試験については、
受験料が高いことから、受験に踏み切れずにいたので、
今年は受験のチャンスだと捉えている向きも、
ないわけではない。

一般的に7月7日が七夕であると言われているが、
札幌市民の私には、そのイメージが全くと言っていいほどない。
なぜなら、道南や道東の一部を除いて、七夕は8月7日になるからだ。
つまり、ほぼ旧暦に近い状態で七夕の日を迎えている、ということになる。

ちなみに、北海道の七夕については
『秘密のケンミンshow』等でも放送されたので、
著作権の関連から、これ以上触れるのはやめておく。

ただし、8月7日は、ごく簡単にではあるものの、
著作権に触れないように、記事にするかもしれない。

先日、7月1日からのレジ袋有料化に伴い、有料化をする店舗、
政府の方針に従って、無料を継続する店舗の一覧表がまとめられていた。

ただ、表にまとめられていたのは、一部の店舗、スーパー、デパートであり、
調べてみても、はっきりしない店舗もあった。

ちなみに、私は大手コンビニエンスストアで、食料品を購入した場合、
マイバックを持参することが多く、半ば強引に入れてもらうことが多い。
(特に、新宿中村屋のお饅頭を購入するときは、この傾向が強い)
よって、インターネット上では、大手コンビニエンスストアに対して、
レジ袋有料化への批判が飛び交っているが、工夫次第で
なんとかなるものである。

また、食料品以外のものは、コピー機のところに
お客さんが誰もいなければ、コピー機の付近で
自分自身dね慮りしてしまうこともある。

私も人のことは言えないが、こういう時こそ、何らかの知恵を絞って、
頭を使っていくのが、一番良い方法ではないのだろうか、と思う。
そう言えば、過去にスペシャルを含めて20年以上続いた某ドラマでも
似たようなことを言っていたような気がする。

当ブログをお読みの方はお分かりのことと思うが、
このブログでは、ドラマや映画の感想も記している。
私は将来、本を書きたい
という夢があることから、
ドラマや映画からもヒントを得たいと考えているのだ。
(前回のブログで記した旅行番組も、同様である。)

連続テレビ小説や大河ドラマに関しても、然り、である。
ちなみに、連続テレビ小説の場合は、
北海道内のどこか(笑)が舞台になっていると、
ついつい見入ってしまう。

また、最近の大河ドラマは、戦国時代か幕末のどちらかを
1年間に渡って放映しているが、仕事や資格試験の関連で
番組を視聴できないことが多くなっている。
ただ、大学時代に経済や経営に伴う科目を履修したことから、
2021年度の大河ドラマには、興味を持っている。

また、2022年の大河ドラマでは、過去の大河ドラマで
あまり描かれていない時代が入ってくるので、
この大河ドラマもまた楽しみである。
続きを読む

2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、
旅行は中止せざるを得ない状況となっている。

さて、私は当ブログにおいて、旅行番組の感想を述べてきた。
そうすると国営放送であっても民放局であっても、
過酷なロケになっていることが多いように思う。

ただし、それは日本国内においての話であり、
海外旅行の番組が少ないように感じているのは
私だけだろうか。

『総合旅行業務取扱管理者試験』や『旅行地理検定』の
勉強をしながら、こんなことを考えてみた。
(私が知る限り、『世界街歩き』くらいである。)

前回までは菓子店も含めて、
食料品を扱う店の人気度、混雑度について記してきた。

では、食料品を扱わないお店では、
どんな様子か。

衣料品を扱うお店では、
①ユニクロ
②無印良品
に人気度が集中。
そこにスポーツウェアを扱る
③札幌スポーツ館
が割って入っている印象。

家電量販店は
①ヨドバシカメラ
②ビックカメラ
③ヤマダ電機
に集中している。
(札幌の中央区にはケーズデンキが無いので、
ここは実態が掴めていない。)
よって、家電量販店だけは、全国と変わらない印象がある。

いわゆるホームセンターは、
ホーマックがダントツである。
また、家具店は
ニトリに入る客が多い。
更に、私が見れば雑貨屋に見える『ドン・キホーテ』の
買い物客も結構目立つ。
続きを読む

今回は、前回のブログの続きで、
札幌市内のデパート、スーパー、コンビニエンスストアについて述べる。
前回と同じく、食料品を扱っているお店を前提として、
当ブログに記しておく。
また、この中にはかつては別系列の会社だったが、
現在は同一グループとなったデパートとスーパーも存在する。

デパートでは、
①.札幌三越
②.丸井今井札幌
③.大丸札幌店
が3強を争っているように見えるが
④.東急百貨店札幌店
も物産展を開催すると、混雑具合が半端ない。
特に、ここで毎年1月に行われる岩手の物産展は大人気である。

次に、スーパー。
アークスグループの中に入っている
①ラルズ系列のお店(スーパーアークス、ラルズマート、ラルズストア等)、
②東光ストア
の人気度が凄い。
この東光ストアは、高くて品質の良いものを中心に陳列しているので、
それなりに混むのである。

そして、忘れてはならないのが、
③マックスバリュ
である。
安売りがメインで、北海道産の商品も結構陳列されているため、
時間帯によっては、やはり混雑度が激しいのだ。

さらにもう一つ、
④西友ストア
も記しておかなければならない。
ここは、スーパーとは言えども結構広いので、
一見すると混雑していないように見える。
だが、レジに並ぶ人数を見ると、恐ろしいくらいの人数が
並んでいる時がある。
続きを読む

このブログの読者に敢えて断っておくが、
今回は、食料品を扱うお店に限って述べる。

札幌には、有名なお店としてサザエ食品株式会社がある。
その形態は2種類に分かれていて、
1. スーパーやデパートなどにテナントとして入っている、
2. スーパーの弁当コーナーに、敢えて暖簾をかけて提供している、
というパターンである。

よって、スーパーやデパートなどのサザエ食品株式会社には、
買い物客が押し寄せていることがある。
ではサザエ食品株式会社の本店はどうなっているのか。
本店と名が付いていることもあって、ここも結構混雑しているのだ。
つまり札幌では、このお店がそれだけ馴染みがある、ということだ。

次に、弁当屋さん。
最近になって目立ってきた店舗にBENTOSがある。
このお店は持ち帰り専門だと思われるが、
『〇〇時までに作っておいて下さい』と
注文することができる。それが魅力だ。

その次に、パン屋さん。
私が知る限り、人が混みあうのは
①DONGURI
②DONQ
③VIE DE FRANCE
④北欧
⑤ボストンベイク
⑥ドイツパンの店 ブルクベーカリー
などのように見える。
特に、上述した①、②、③のパン屋さんにおける
混雑っぷりは激しい。
続きを読む

このブログでは、あまり取り上げていないが、
札幌市民が、好んで石屋製菓に行くことは稀である。
この2箇所は、観光客が行くところと思っている節がある。

では、札幌市民が足を運んでいるお菓子屋はどこなのか。
私が見てきた限り、以外にも札幌発祥でないお店に
入っている人が多いように見える。
今回は、北海道内発祥に限って記してみる。

1.『六花亭』(帯広発祥)、
2.『柳月』(帯広発祥)、
3.『北菓楼』(砂川発祥)、
4.『壺屋総本店』(旭川発祥)、
5.『MORIMOTO(千歳発祥)』、
6.『桑田屋』(小樽市発祥)
7.『新倉屋』(小樽発祥で、後々札幌と経営分離).
8.『わかさいも本舗 札幌パセオ店』
(黒松内発祥で、後洞爺に移転)
9.『千秋庵』(元々の発祥は函館)、
10.『スナッフルズ』(函館発祥)
などである。


続きを読む

本日は、チェルノブイリ原発事故が起きた日だ。
私が中学校2年生の時のことである。

噂によると東日本大震災の時に併発して起こった福島第一原発事故
の時と違い、ロシア政府は、チェルノブイリの住民を放っているらしい。
つまり、未だに現場に足を踏み入れていない、ということだ。
(福島の場合は、封鎖解除に踏み切ったが、
ロシアでは、そのような報告すらない)
それだけ原発が危ないことを、
知っているのかもしれない。

私は、旧ソ連(現ロシア)に対して、北海道民以外、
反ロ感情が薄れているのが気にかかる。
道民には、北方領土や200カイリ問題もあって、
『ロシア(旧ソ連)は、日ソ不可侵条約を破棄して、
北方領土を勝手に持って行った悪い国』

という意識が未だに根付いているらだ。

特に、20代、30代の『ネット民』と言われる人たちが
ロシアの恐ろしさを、甘く見ているのでは、
と思ってしまうのだ。
このチェルノブイリ原発事故にしても、繰り返しになってしまうが、
住民を放ったらかしにしているだけでも、大問題である。





新型コロナウイルスの関係ですっかり忘れ去られているが、本日は
福知山線脱線事故が起きた日である。

この事故当時の映像を見ると、あれから15年経過した今でも身が震える。
鉄道事故についは。脱線事故、火災事故、転落事故など
色々な映像を見ているが、この脱線事故の映像だけは、
あまりにも衝撃的だった。あんなことが起こるのか、と。

改めて福知山線脱線事故の被害を受けた方々にお見舞い申し上げます。
そして福知山線脱線事故で犠牲になられた方々にご冥福をお祈り申し上げます。

一昨日(令和2年4月21日)に臨時で放送された
札幌市長の記者会見。

著作権の関係で詳細は省略するが、
他の市町村長や各都道府県知事が
発していない資格名が飛び出した。

この資格は、いわゆる独占名称資格で、かつ受験料が高いこと、
資格を取得した後も、いろいろと費用がかさむことから、
特に女性陣には人気が薄いことで有名である。
毎年男性受験者が圧倒的多数を占めており、
女性の受験者は、1割程度しかいない。

だが、札幌市長の会見をきっかけに、
こんな時にも役に立つのだ、ということが分かったので、
札幌市長が発した資格名については、今後受験者が増加するものと思われる。

ちなみに、札幌市長が発した資格名は、もう1種類あり、
この資格は上述した資格とは対照的に、もともと女性陣にも
人気があった資格である。
いずれの資格も、ライバルが増えると思って
勉強していった方が無難であると思う。
(但し、私はあくまでも前者の資格優先である)

もし、札幌市長の会見の動画を無料で公開しているようであれば、
それをご覧になっていただきたい。

北海道と札幌市は、再度緊急共同宣言を発出した。
今年の2月27日から3月19日まで発出されていた
緊急事態宣言をいったん解除してしまったのは、、
評価の高い道知事とはいえ、失敗だったのでないかと思う。
(北海道内の新型コロナウイルスの感染者数のうち、
5割弱が札幌市に集中しており、そこ大問題)

私の仕事は、どうしても外に出なければならないため。
ほとんどの人が寝静まっている午前4時台から7時台に
行うようにしている。

日常生活に必要な買い物についても、
理想としては、午前7時くらいまでに購入したいのが本音である。
(もっとも、母が生協の会員なので、それをいいことに、
できるだけ生協にものを頼むようにしている)
やむを得ず、公共交通機関を利用しなければならない場合は、
朝1番のバス、地下鉄、市電を利用する予定。

早く事態が収束することを心から願っている。

昨日、法的根拠に基づく緊急事態宣言が発令された。
この発令によって、都道府県知事の
力量が試されているように思うのは
私だけだろうか。

政府よりいち早く、かつ法的根拠のない
緊急事態宣言を発令した北海道の鈴木知事が
注目されているが、私は自民党と喧嘩別れするようにして
飛び出していった都知事の判断に注目している。

都知事も今回の件では、批判にさらされており、
どれだけ挽回できるのか、試練を与えられているように見えるからだ。

ちなみに、北海道内。
北海道内の感染者数は増減を繰り返しているが、
そのうちの約5割が札幌市内で感染が確認された人数である、
ということを考えると、安心できる状況には至っていない。

もし、前北海道知事が知事を続けていたら、
ここまでの対策はできていたのか、とも思う。
というのは、高齢であることにより、
過去の経験や実績が邪魔をして
思い切った決断ができない場合もあるからだ。

もっとも若いことで経験不足が露呈し、
結果的に失敗に終わることもある。
鈴木知事は、私より約10歳若いが、
経験は豊富であるように思える。
鈴木知事の動向は、最初の失敗が教訓となって、
緊急会見を行った結果、それが評価に繋がったと思われる。

続きを読む

このページのトップヘ